思春期の子供の全身脱毛

全身脱毛は、腕や足、わきなどムダ毛の処理をする時間が省けるため、働きている女性を中心に注目されています。全身脱毛をサロンなどで行う場合、何度も通う必要があり費用も多くかかりますが、自宅で行う場合よりも色素沈着などのトラブルが起きにくく、手に届かない部分も脱毛することができる、というメリットがあります。

 

近年では子供世代にも全身脱毛に注目が集まっています。思春期においては毛が生えていることを大変気にする時期で、人との違いが目につくことが多いです。ですが全身脱毛や部分脱毛をサロンで行う場合は、保護者の承諾が必要になります。これは、肌が成長時期にあり、肌を痛める危険性が高いこと、色素沈着などが起きやすいこと、など肌のトラブルが起きやすいからです。また、思春期は成長期でもあるので、脱毛を行っても、すぐにムダ毛がはえてきてしまうこともあり、ホルモンバランスに影響が出てしまうこともあります。そのためサロンでは18歳以下には脱毛を受け付けていないところも多いです。なお、脱毛は痛みを伴います。そのため痛いことが嫌だったり、じっとしていられない子供の場合は脱毛を行うのを待った方が良いでしょう。

 

思春期の場合は、毛の濃さや量が気になる時期です。遺伝的なこともありますが、毛が薄くてもとってしまいたいと思うことが多いです。自宅でこっそりとカミソリや脱毛クリームを使用していることもあります。カミソリに関しては肌を痛める可能性もあり、肌を切ってしまうこともあります。使っているようであれば、事前に正しい使い方と、けがをする危険性と肌を痛める可能性について話しておくと良いでしょう。女性の場合、生理の周期によっても毛の濃さが変わることがあります。いつ脱毛を行うか、効果的な方法はあるのか、日ごろから話せる雰囲気を作るのも大切です。子供が脱毛サロンに行きたいといった場合も、メリットとでデメリットをきちんと伝えることが大切です。

 

ミュゼ熊本では未成年のお手入れも可能です。親の同意が必須となりますので必ず、親に相談してからにしましょう。